偽物の映画館

観た映画の感想です。音楽と小説のこともたまに。

目次(映画)

〈あ行〉 ・アンダー・ザ・シルバー・レイク ・イット・フォローズ ・エターナルサンシャイン ・エンジェル、見えない恋人 ・オリーブの林をぬけて 〈か行〉 ・キートンの探偵学入門 ・きみに読む物語 ・きみに読む物語その2 ・キングスマン ・キングスマン …

目次(音楽・漫画・その他)

〈音楽関連〉indigo la End 02nd AL『幸せが溢れたら』 03rd AL『藍色ミュージック』 04th AL『Crying End Roll』 05th AL『PULSATE』 スピッツ〈アルバム〉 08th『フェイクファー』 13th『とげまる』 15th『醒めない』〈曲〉 「エンドロールには早すぎる」 …

目次(小説)

≪あ行≫青山文平 『半席』朝井リョウ 『世にも奇妙な君物語』芦沢央 『今だけのあの子』飛鳥部勝則 『堕天使拷問刑』伊坂幸太郎 『火星に住むつもりかい?』井上ひさし 『十二人の手紙』井上悠宇 『誰も死なないミステリーを君に』井上夢人 『ダレカガナカニ…

サカナクション『834.194』感想 -札幌 version-

はい、というわけで、「サカナクション『834.194』感想 -東京 version-」に続いて今回は札幌バージョンをお届けいたします。834.194 (通常盤[2CD])(応募抽選ハガキなし)アーティスト: サカナクション出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント発売日: 201…

井上悠宇『誰も死なないミステリーを君に』読書感想文

フォロワーのチンさんに勧められて読んでみました。誰も死なないミステリーを君に (ハヤカワ文庫JA)作者: 井上悠宇出版社/メーカー: 早川書房発売日: 2018/02/24メディア: 新書この商品を含むブログ (1件) を見る 人の死の予兆である"死線"が視える女子大生…

文化祭の夜みたいな

いつからだろうか、なんとなくネガティブな感情が、常に頭の片隅から多い時には半分程度を占め続けているようになってしまった。いつからだろうか、なんて誤魔化したけど、シャカイジンになって1週間くらい経って当時好きだったとされる子に振られたことがキ…

朱川湊人『いっぺんさん』読書感想文

たぶん高校生の時以来くらいでめっちゃ久々の朱川湊人。いっぺんさん (文春文庫)作者: 朱川湊人出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2011/02/10メディア: 文庫購入: 1人 クリック: 3回この商品を含むブログ (6件) を見る 別に読もうと思った特別なきっかけがあ…

今月のふぇいばりっと映画〜(2019.7)

7月はめっちゃ映画観ましたねなぜか。 トゥルーマン・ショー スリザー ラストベガス セブン メリーに首ったけ 愛と青春の旅立ち ネクロノミカン トゥルーマン・ショー トゥルーマン・ショー [Blu-ray]出版社/メーカー: パラマウント ホーム エンタテインメン…

三田誠広『永遠の放課後』読書感想文

夏です。夏ですよ。July she will flyですよ!夏になると読みたくなるのが、青春小説。 積ん読の中から一番青春っぽいのを探した結果が本書でした。永遠の放課後 (集英社文庫)作者: 三田誠広出版社/メーカー: 集英社発売日: 2006/06/28メディア: 文庫 クリッ…

今月のふぇいばりっと映画〜(2019.6)

はい、先月のふぇいばりっとは以下の5本! あんま映画見れなかったけど観たのが結構面白いの多かったのでラッキーでした。ではでは。 ブルー・ベルベット パターソン ライフ 11:46 カランコエの花 ブルー・ベルベット ブルーベルベット(オリジナル無修正版) …

サカナクション『834.194』感想 -東京 version-

はい、サカナクション6年ぶりのアルバムです。 もうね、この6年間私がどれだけ待ちわびていたか!毎年のように「今年は出す」と言う山口一郎を信頼してその度に幾度裏切られてきたか!むかつく! しかしそのことについての恨み言なんて、この際もう言いませ…

西澤保彦『腕貫探偵、残業中』読書感想文

『腕貫探偵』に次ぐシリーズ第2弾となる短編集です。腕貫探偵、残業中 (実業之日本社文庫)作者: 西澤保彦出版社/メーカー: 実業之日本社発売日: 2012/06/05メディア: 文庫 クリック: 2回この商品を含むブログ (13件) を見る 前作は各話で「腕貫さんの簡易相…

チャイルド・マスター

はい、今日はさっき見たB級スラッシャー的なヘンテコ映画を紹介します。 チャイルド・マスター [DVD]出版社/メーカー: タキ・コーポレーション発売日: 2008/03/07メディア: DVD クリック: 22回この商品を含むブログ (2件) を見るタイトルとジャケ写からも分…

松井玲奈『カモフラージュ』読書感想文

昔は話題の本とか避けてたんですけど、この歳になってそういうのも逆に恥ずかしいなと思い、話題書のこちらを買ってみたわけでごんす。カモフラージュ作者: 松井玲奈出版社/メーカー: 集英社発売日: 2019/04/05メディア: 単行本この商品を含むブログを見る著…

千澤のり子『シンフォニック・ロスト』読書感想文

「いつも一緒にいたかった となりで笑ってたかった」(PRNCESS PRNCESS『M』より) こないだオフ会に行った時に話題に上がったので気になって読みました。なんせ、Amazonのマケプレで3万円とかついちゃってる稀覯本なので図書館で借りるしかなかったのですが、…

やみよいくよ。

サカナクションの6年ぶりのアルバムが出た。 4月に発売決定と発表されてからさらに延期したことに対して根に持ってるから言わせてもらうと、正確には6年3ヶ月ぶり、のアルバムだ。6年と3ヶ月前、2013年の3月。 私は高校を卒業して大学に入る直前の、最も輝か…

道尾秀介『光』読書感想文

はい。ちょっとご無沙汰してましたが、道尾秀介補完計画の最後の一冊がこちら。 これで離れていた時期の道尾作品のうちで文庫になっているものは全て読み終えたことになります。光 (光文社文庫)作者: 道尾秀介出版社/メーカー: 光文社発売日: 2015/08/06メデ…

西澤保彦『腕貫探偵』読書感想文

はい、私的西澤保彦ブームなので、ついにこの今だと代表作というか一番メジャーであろう腕貫探偵シリーズに手を出しましたよ。腕貫探偵 (実業之日本社文庫)作者: 西澤保彦出版社/メーカー: 実業之日本社発売日: 2011/12/03メディア: 文庫購入: 2人 クリック:…

思い出のラーメン

お題「思い出の味」 突然の謎の投稿をごめんなさい。フォロワーさんに「たまにはなんかエッセイでも書いてみたら」と言われ、「食べもの」というお題を出されたのですが、正直お題の範囲が広すぎるわとちょっとぷりぷり怒っていたところ、こちらの方のお題ル…

道尾秀介『笑うハーレキン』短文感想。

書くのサボってましたが道尾補完計画の続き。サボってるうちに忘れてきたのでサラッとにしときます......。笑うハーレキン (中公文庫)作者: 道尾秀介出版社/メーカー: 中央公論新社発売日: 2016/01/21メディア: 文庫この商品を含むブログ (4件) を見る 経営…

西澤保彦『笑う怪獣』読書感想文

またしても西澤保彦。 笑う怪獣 (実業之日本社文庫)作者: 西澤保彦出版社/メーカー: 実業之日本社発売日: 2014/04/04メディア: 文庫この商品を含むブログを見る 今作は、主人公のアタル、京介、正太郎という独身トリオがナンパをしに行くたびに怪獣やら宇宙…

今月のふぇいばりっと映画〜(2019.5)

こんにちは。 今月は割と新作多めでお届けいたします。 search/サーチ 怪怪怪怪物! クーリンチェ少年殺人事件 ヘレディタリー/継承 search/サーチ Search/サーチ (字幕版)発売日: 2019/02/13メディア: Prime Videoこの商品を含むブログを見る 妻を亡くし、…

イット・フォローズ

例によってフィルマークスに書いたのを流用ですが、なんせ支離滅裂な文章になってしまいながらこれ以上どう書けばいいのかまるっきり分からないのでとりあえずそのまま置いときます、という感じ。 推敲したいのはやまやまですけどもう眠いからそのまま載せて…

西澤保彦『殺意の集う夜』読書感想文

またしてもの西澤保彦ですね。殺意の集う夜 (講談社文庫)作者: 西澤保彦出版社/メーカー: 講談社発売日: 2012/12/03メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る 友人の園子に無理やり連れられ嵐の山荘を訪れることになってしまった万理。そこには、一癖も…

indigo la End『藍色ミュージック』の感想だよ

2枚目と4枚目を書いたんだからということで、今回はindigo la Endの3枚目のフルアルバム『藍色ミュージック』の感想だよ。もう私はメジャーデビュー以降のindigoのアルバムの感想を書くのをライフワークにしますよ。 藍色ミュージック(通常盤)アーティスト: …

西澤保彦『小説家 森奈津子の妖艶なる事件簿 両性具有迷宮』読書感想文

『両性具有迷宮』を改題、『小説家 森奈津子の華麗なる事件簿』と同じく実業之日本社文庫から新装文庫化された、森奈津子シリーズの2冊目です。小説家 森奈津子の妖艶なる事件簿 (実業之日本社文庫)作者: 西澤保彦出版社/メーカー: 実業之日本社発売日: 2015…

法月綸太郎『パズル崩壊』読書感想文

パズル崩壊 WHODUNIT SURVIVAL 1992‐95 (角川文庫)作者: 法月綸太郎出版社/メーカー: KADOKAWA/角川書店発売日: 2015/12/25メディア: 文庫この商品を含むブログを見る 法月探偵が出てこない初の短編というのを含む、全8編のノンシリーズ(?)短編集です。一応…

上田早夕里『魚舟・獣舟』読書感想文

普段ほとんどSFって読まないんですけど、これはなんだかあまりにもツイッターとかでの評判がよろしかったものですからつい買ってしまったのですが、たしかに面白かったです。魚舟・獣舟 (光文社文庫)作者: 上田早夕里出版社/メーカー: 光文社発売日: 2009/01…

西澤保彦『死者は黄泉が得る』読書感想文

たしか去年あたりに「今年は西澤保彦を読むぜ」と息巻いたものの実は3冊くらいしか読んでなかったので、今年こそはマジで西澤保彦を読むぜ!......というものまぁアテにならないけど、気が向いてるうちは......。死者は黄泉が得る (講談社文庫)作者: 西澤保…

エンジェル、見えない恋人

ルイーズという女性は精神病院の中で息子のエンジェルを出産するが、彼は先天性の透明人間だった。思春期になったエンジェルは、マドレーヌという盲目の少女と恋に落ちるが......。エンジェル 見えない恋人 [DVD]出版社/メーカー: アルバトロス発売日: 2019/…